いのたかの『条件反射』…愛すべきポンコツコンビの妖艶な世界

青地に水色の肉球柄「条件反射」の文字ソロ曲・ユニット曲
ひるねこ
ひるねこ

あなたはいのたかがお好きですか?
Hay!Say!JUMPの伊野尾くんと髙木くん…2人が並び立つと、年相応の大人の男性らしさにときめきます♪

昨日(2020.6.13)のいたジャン能力検定で「Hey!Say!JUMPの最強ポンコツコンビ」と認定されたいのたか

放送では2人のロケ回が流されましたが、確かにトンチキでしたね〜笑!でも可愛くて面白い!

ところで…
このポンコツコンビにはSorL魂「条件反射」という伝説のパフォーマンスがあります。

このときのいのたかは…ため息が出るほど美しくて、ポンコツとはほど遠い妖しい色気にあふれていました。

ポヤラ
ポヤラ

いのたかの「条件反射」は唯一無二!!
いのたかでしか成立しないパフォーマンスよね♡

ひるねこ
ひるねこ

この記事ではいのたかの「条件反射」の魅力を鼻息荒く語ります笑!



いのたか『条件反射』のパフォーマンス

「条件反射」はアルバムSENSE or LOVEの初回盤に収録されている伊野尾くんのソロ曲です。

しかし、なんとなく”いのたかの曲”という印象があるのはSorL魂でのパフォーマンスがあまりにも衝撃的だったからではないかしら?

コンサートで『条件反射』を観た私は興奮してこう書いています↓

この日の雄也は少し長めのウエーブがかかっている黒髪…(←ワッフルヘアっていうの?)…あたしが知っている中で一番艶っぽいビジュアルの雄也だ!

その雄也が時々悪い笑顔(←最高に色っぽい悪い顔…)を浮かべながら、妖しくいのちゃんと絡んでいる。明らかな18禁!(←双眼鏡でガン見中の娘は19歳なのでセーフね笑笑)

ポヤラ
ポヤラ

かなり鼻息が荒いね笑(〃ω〃)

今思い出してもドキドキするくらい、SorLの『条件反射』は凄かった~。2人がステージに登場した時の客席の興奮と歓声は忘れられない!

伊野尾慧はファンファースト

『条件反射』は伊野尾くんのソロ曲だけれど、いのたかが2人でステージに上がったからこそ物凄いパフォーマンスになったんだと思います。

コンサート直後の私はまたもや鼻息荒く書いてます笑↓

この曲…ソロ曲だけれども、おそらく一人でステージにあがるよりも、雄也とふたりであがることで淫靡な世界観が増幅されているのだと思う。

本来ソロ曲は自分をアピールする曲なわけで、伊野尾くんが一人で「条件反射」をかっこよく歌う見せ方もできたはず…。でもそうしなかったのは私たちがいのたかを望んでいたからではないでしょうか。

ひるねこ
ひるねこ

伊野尾くんはいつもファンの瞳に映る自分を考えてパフォーマンスしているのではないかな?

ファンが観たいのはどんな伊野尾慧か?と常に考えているのだと思います。
いのぺの人を食ったような文章も、らじらーのアンコール放送に知念くんメインの副音声をつける発想も、全て私たちが喜ぶのがわかっているからですよね。

ポヤラ
ポヤラ

伊野尾くんはポンコツなんかじゃない…ほんとはすごいのよね(๑˃̵ᴗ˂̵)

髙木雄也は天然の天才

一方で髙木さんは無意識の天才アイドルだと思います。
あれこれ考えているようには見えないのに、その目線やちょ仕草でどれだけ私たちをトキメかせることか…。

「今までの人生でモテ期じゃなかったことがない!」という雄也は、きっと直感的に私たちが好きなことを知っていて、あれこれ考えなくても表現できちゃうのね。

5月25日のゆやぺを思い出してください。あのエロエロのドキドキ動画を涼しい顔で上げてくる雄也は、ポンコツどころか天才です!

Hey! Say! JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE (初回限定盤Blu-ray)

愛すべきポンコツコンビ いのたか

策士の伊野尾くんと天才モテ男の髙木さんのコンビは最強です。
いのたかはファンを楽しませるという共通のミッションを共有する必殺仕事人コンビ!
しかしお仕事とはいえ、決して事務的に見えないのは、2人ともファンを楽しませることを人生の喜びにしているからですね、きっと♡

ひるねこ
ひるねこ

愛すべきポンコツコンビ、いのたかに私たちはこれからも大いにドキドキさせてもらいましょう(*’ω’*)/

タイトルとURLをコピーしました