だてこじ最高!天才向井康二がSnowManの新しい引き出しを開ける!

昨日のすのちゅーぶ、楽しかったですね。

名MCのふっかくんも切り込み隊長のさっくんも不在でしたが、向井くんがメンバーを盛り上げてSnowManの新しい引き出しを見せてくれました。

特に舘様の面白さをたっぷり引き出してくれましたね〜!

SnowManの貴族、舘様にあんなに激しいツッコミを入れられるのはジーコだけです。

だてこじ!最高♡

向井康二はバラエティの天才ですね!

 

だてこじ最高!舘様の面白さを100%引き出すジーコ

9人の大所帯グループSnowManのなかで、舘様は口数少なくメンバーの話を聞いているイメージです。9人全員がガヤガヤと喋ったら収集がつかなくなりますからね笑。ワンポイントですごく面白い発言をしてガッツリ爪痕を残すのが舘様です。

しかし昨日の舘様ちょっと違ったのよね。いつもよりたくさん喋って、どれもすごく面白かった!

向井くんが舘様の面白さをバンバン引き出していましたね。

 

貴族をイジる向井康二

SnowManの貴族、宮舘涼太を激しくイジるのはメンバーの中で向井康二だけです。そしてジーコにイジられてちょっぴり嬉しそうな舘様。

あぁ…だてこじっていいなぁ♡と思います!

 

昨日はダンスの撮影をすると事前に連絡を受けていたそうで、踊りやすいようにスニーカーを履いてきたメンバーの足元を指差して

向井「いいねぇスニーカー!履いてていいねぇ!踊りやすそう、素晴らしい!」

しかし舘様はブーツです。しかもかかとが高い。踊りにくそう…笑。

向井「おーい!なんの靴や!なんやそれ!」

宮舘「スニーカー持ってなくて…」

スタッフさんが

「This is 貴族スタイル」

とテロップをつけてくれました笑。

さらに「ソーシャルダンスジャンケンをしよう」と言い出した舘様が全然リズムに乗れていないのもちゃんと拾ってツっこんでくれましたよ。

昨日のすのちゅーぶ「”しりとりダンス”たった2周が出来ない」をまだ観ていないあなた、まずはこちらをどうぞ↓↓

Snow Man「しりとりダンス」たった2周が出来ない…。

ジーコにたくさんイジってもらった舘様はいつもより口数が多くて可愛かったです。

 

「奇跡のオチ」の天才宮舘涼太

もともと舘様は面白いんです。

ふっかくんが雑誌のインタビューで

…俺、MCで困ったら、ダテさんに話を振るようにしてる。Jr.時代から変わらずね。どんだけひっどいムチャぶりでも、奇跡のオチをつけてくれて、ありがとう。

『Myojo』2020年6月号「深澤辰哉10000字ロングインタビュー」より

と言っています。

そう…舘様の一言って天才的に面白いのよ。一言で空気がロイヤルに変わるの〜(≧∀≦)

「白馬にまたがる貴族」というキャラだったり、そんな貴族にぴったりのペット「レインボーローズ」というインコちゃんを肩に乗せて動画を配信したり…

ファンにも宮舘ワールドを存分に楽しませてくれます。…ちなみに白馬の名前は「ダイヤくん」笑。

 

ワンポイントがスタメンに?

先ほどのインタビュー記事でふっかくんも言っていますが…

舘様の面白さってワンポイントなんですよ。

さっくんみたいにずーっとにぎやかで面白いわけじゃなくて、ここぞというタイミングで狙いすました大ホームランを放つ感じです。

しかし、昨日のすのちゅーぶではずっと面白かったんですよね。

人数が半分だったから話す機会が多かったこともありますが、ジーコが舘様の面白さをちゃんと見つけて拾っていたからというのが大きかったと思います。

 

4人のすのちゅーぶ

ソーシャルディスタンスを保つために、すのちゅーぶは前回から4人ずつの出演になっています。

今回の出演者はだてこじの他にめめと阿部ちゃんでした。

ふっかくんもさっくんも不在で、にぎやかなのはジーコだけよ、大丈夫?

案の定、オープニングではMCを任された阿部ちゃんが少し緊張していましたね。

阿部「あぁ”どーも”緊張すんな…」

とボソっと言ってました笑。でもジーコが

向井「はよやらんか…もう、今のワンクッションもいらんで」

とツっこんでみんなで笑ってあげたから、ずいぶんほぐれたのよね。

その後もずっと阿部ちゃんをサポートして、舘様のボケ(天然のもアリ)を拾い、ずっと声を出してメンバーを盛り上げ…

ジーコが見事に4人のすのちゅーぶを回しましたね♡4人の表情が輝いていてすごく楽しかった!

向井康二サイコー!!(*´꒳`*)

 

SnowManの新しい引き出しを開けるのは向井康二

ふっかくんは先ほどの雑誌インタビューで、ジーコについても語っています。

康二のおかげでMCすごい助かってる、ありがとう。今までのSnowManにはなかった笑いの引き出しを、康二があけてくれた。

『Myojo』2020年6月号「深澤辰哉10000字ロングインタビュー」より

関西では頼れる兄貴だった向井くん。SnowManに加入した当初は、どの程度前に出ていいのか…自分の立ち位置に迷っていたそうです。関西と関東では笑いのポイントも微妙に違うし…。

今でも、9人でいるときのジーコは名MCのふっかくんやボケの天才さっくんの次に控えている感じです。振られたときはもちろんちゃんと面白いですけどね…。

しかし・・・

少人数ロケでのジーコの面白さはすさまじいです!!

「冒険少年」でめめと火を起こしていましたが、めめの良さを引き出しながらジーコ自身の面白さもちゃん見せてくれました。天才か!

これから…SnowManのメンバーの新しい個性を光らせてくれるのはきっとジーコなのよね。

なんといっても、SnowManの貴族宮舘涼太をあんなに激しくイジるのはジーコだけ。これからもだてこじから目が離せませんよ!

タイトルとURLをコピーしました