滝沢歌舞伎ZERO 2020|映画にはSnowManの魅力がいっぱい

『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie公開初日の今日、朝一番に観てきました

SnowManの魅力が凝縮された2時間半。

スノ担にとってチケット代3000円は決して高くない…いや、むしろ安いのでは?と思うほど素晴らしい内容でした。

映画を観た感想を書きますね。

この記事はネタバレを含みます。ご注意ください

 

『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』公開初日

2020年12月4日。待ちに待った滝沢歌舞伎ZERO2020の公開日です。

「平日の朝9時半からの上映。地元の映画館ならきっと空いているはず」

いやしかし!混んでましたよ。

慌ててチケットを買い、売店の列に並ぶこと20分…。

グッズは完売。パンフレットはなんとか買うことができました。

9時半は過ぎてしまいましたが、まだコマーシャル映像の上映中だったのでセーフ。

コロナ対策で座席は隣を空けて座るので広々です。飲み物もフードも普通に販売されていましたよ。

席に座ると間もなく暗転。

すると・・・

「たきざわか〜ぶ〜き、ぜろっ」(←ニュアンス笑)

スノくんたちが映画を見るときの注意事項を説明する映像が流れます。ほら「映画泥棒」みたいなヤツです。この映像が超絶可愛いので必見です!

『滝沢歌舞伎ZERO 2020』内容と感想

さあ本編がスタート。
オープニングは少年忍者の小田将聖くんのシーン。ホラーとファンタジーの要素が入り混じり滝沢歌舞伎の世界へ誘われます。

本編の内容は以下の通りです。

・ひらりと桜
・九剣士
・変面
・Maybe
・My Friend
・組曲
・五条大橋
・腹筋太鼓
・Make It Hot
・Crazy F-R-E-S-H Beat
・Black Gold
・五右衛門ZERO
・男と女の舞
・総踊り・花鳥風月
・鼠小僧次郎吉
・WITH LOVE
・エンドロール

演目は、ほぼ昨年の『滝沢歌舞伎ZERO 2019』をなぞっていますが、同じ演目でも映画と舞台では見え方が違って面白いです。

殺陣は映画館の大スクリーンで見ると迫力があるし、表情や息遣いがはっきりと伝わりますね〜!

座長2年目のSnowManの成長も見られて、とても見応えがありました。

演目ごとに感想を書きます。

ひらりと桜

『ひらりと桜』で導入シーンのファンタジックな世界から、一気に滝沢歌舞伎の世界に引っ張られます。

SnowManの歌舞伎を象徴する曲ですよね。

 

九剣士

『モノクロ』がパワーアップして『九剣士』になりました。9人全員での殺陣は大迫力です。

最初に登場するのは康二くん。静かな殺気がかっこいいです。

あべちゃんの去り際のちょっと悪い舌打ちも必見!

そしてなんといっても赤と白の衣装が妖艶なんです〜!
命を燃やして戦っている剣士の雰囲気がたまらない。オタクの妄想癖をくすぐります笑。

 

変面

昨年と同じメンバー(岩本、向井、目黒)の演目です。

映画の良さを最大限に活かした映像の美しさに見惚れます。

それにしても…大スクリーンでアップでみてもやはり一瞬で顔が変わる仕掛けはわからず笑。見事ですね〜!

最後に3人の美しい顔が大画面で存分に味わえるのが素晴らしい♡

 

Maybe

昨年も素晴らしかった『Maybe』がさらにパワーアップしています。ラウールの一年分の成長が見られるし、ふっかくんとあべちゃんの歌が相変わらずエモいです。

今回はボーカルの二人も少しだけ踊りますが、これが儚げでとてもよいの〜!

それから、ラウールの赤い靴がスニーカーからエナメルに進化しています。

 

My Friend

ゆり組の『My Friend』は相変わらず素敵でした。

映画版では、だてさまがしょっぴーの美声とともに宇宙空間を舞っているような幻想的な世界観。ため息が出るほど美しいよ。

最後に天界から海に落下するだてさま。それを見たしょっぴーの表情が絶妙なので絶対に見逃さないで欲しい。

 

組曲

ここで組曲です。

昨年もSnowManが口々に「ものすごくキツい」といっていたダンスの演目。今年はさらに雨の中で踊るという試練が…!

あまりのキツさに顔を歪めて踊るSnowManにゾクゾクします。

そして水溜まりに倒れ込み苦悶の表情を浮かべるSnowMan。見応えありますよ〜!

 

五条大橋

昨年は林翔太くんがストリーテーラを務めた『五条大橋』ですが、今年は佐久間くんが進行します。

すごく雰囲気があって素敵ですよ。橋の手すりにちょこんと座り語るさっくんは、黒いタキシード姿ではありますが、妖精のようにも見えます。

弁慶を演じるのは岩本くん。文句なしの大迫力です。

では牛若は??最後まで顔を隠す牛若…誰だろうとドキドキしました。答えは見てのお楽しみ笑。

 

腹筋太鼓

滝沢歌舞伎を代表する演目『腹筋太鼓』…今回は目黒くんチームとラウールチームが向かい合って並び、雄叫びをあげる演出から始まります。

ものすごい迫力…男臭さマックスです。

それからメカ太鼓の回転速度が昨年よりもすごく速いと思う!

 

Make It Hot

ここからはアイドルSnowManのパフォーマンスが続きます。

まずは昨年に続き『Make It Hot』…ドラマ『簡単なお仕事です。に応募してみた』の主題歌です。ラウールの声が低くなっていて、一年分の成長を感じます。

 

Crazy F-R-E-S-H Beat

岩本くんが振り付けた『Crazy F-R-E-S-H Beat』はダンスが楽しいですよね。

デビュー曲『D.D.』のカップリング曲になっていますが、滝沢歌舞伎ZEROバージョンも貴重かも…。

ぜひ見比べてみて!

 

Black Gold

そして新曲『Black Gold』が圧巻です。ワンカメで撮影しているMV風の映像は呼吸を忘れて見入ってしまうほどかっこいい。

SnowManのパフォーマンスのレベルの高さを見せつけてくれますよ。この映像は絶対に見るべき!

 

五右衛門ZERO

いよいよ歌舞伎コーナー、演目は昨年と同じ『五右衛門ZERO』です。

映画では、出演者に掛け声がかかったり、雅楽や三味線の生演奏が入ったりより本格的です。

映画ではそのシーンで見るべきポイントをアップにしてくれるので、歌舞伎に詳しくない素人が観てもわかりやすくなっています。

ひーくんとだてさまの刀投げは今回も素晴らしかった!!

 

男と女の舞

昨年は総踊りにしか出演しなかった目黒くんが、あべちゃんの相手役として出演しています。

阿部、目黒ペアと佐久間、渡辺ペアのダブルデートですね笑。

女形のあべさくは相変わらず美しい!

特に高身長イケメンの彼氏を得たあべちゃん。昨年はしょっぴーに合わせて、腰をかがめて演じていたけれど、今回は背を伸ばしているせいか姿がとても綺麗です。

あべちゃんとめめのキスシーンあり…笑?

 

総踊り・花鳥風月

昨年の舞台ではもちろん衣装のまま踊っていましたが、今回のSnowManはゆったりした衣装に着替えています。

スタイリッシュでさっぱりした印象ですね。

 

鼠小僧次郎吉

舞台では第二幕。お芝居のパートです。

今年も演目は『鼠小僧次郎吉』です。ストーリーはほぼ同じ。

劇中歌は無く、時代劇をみている印象。舞台ではわかりづらかったセリフや背景が丁寧に描かれています。

悪役3人組がものすごくカッコいいよ。特に康二くんの悪の親玉が素敵。
「闇に落ちた理由がきっとあるよね?」と思わせる演技が良いんですよ。
いつか悪役3人のサイドストーリーをスピンオフドラマを見せて欲しいわ笑。

それから、インパクターズのお顔がはっきり見えるのが嬉しい。センターの佐藤新くんがいい役をもらっていました。雰囲気のある素敵な俳優さんですね。
影山くんは文句なしに上手いです。

 

WITH LOVE

そしてラストの『WITH LOVE』です。最後の歌詞を変えていて…「今は(コロナで)こんな時期だけれどいつかみんなでこの歌を一緒に歌おうね」という内容になっていて、胸が熱くなりました。

 

エンドロール

そしてエンドロール。サービス映像が目白押しですから絶対に見逃せないですよ。映画を見た人だけのサプライズ映像も用意されています。

最後までちゃんとみなくちゃね!

 

まとめ|チケット代3000円の価値は?

『滝沢歌舞伎ZERO2020』は映画なのにチケット代は3000円。娘と二人で6000円。映画にしては高額ですよね。

正直どうなの?と思いましたが…

SnowManが好きな人なら3000円は安いですよ〜!

SnowManの魅力がギュッと詰まったカタログみたいな映画です。1秒も目を逸らすことができない素敵な映像ばかりでした。

まだ見ていない方、もし迷っているのなら見て欲しいなぁ!

絶対にオススメです!!

タイトルとURLをコピーしました